ART & DESIGN ARCHIVE

FHAMS web site リニューアル

fhamswebtop2.jpg

FHAMS様のwebサイトリニューアルにあたって最大のテーマは、"webサイトを見ている"という感覚を無くしてしまうこと。どのデバイスで閲覧をしても、ポートフォリオを見るように、あたかもアプリを操作しているような感覚でサイトを閲覧するという体験を提供できるようシンプルながらも細心の注意を払ってデザイン設計しています。

http://www.fhams.com

松寿千年翠

gmggew.jpg gmthumg02.jpg


松寿千年翠(しょうじゅせんねんのみどり)という禅語をご存じだろうか。松の木の緑色は千年という歳月を経ても風雪に耐えぬき、少しもその色を変えないという意味であり、変わらぬように見えて常に新しいことに挑戦していくというグランマーブルのブランドコンセプトを表現する言葉として、祇園町に新たにオープンする店舗のテーマとなった。

松は古来からモチーフとして盛んに使われ、その形も様々であり、光琳松のように形を極端に単純化したものもあれば、細部まで書き込まれ、州浜文など海辺の情景に欠かせない風景文様として使われる事も多い。

その松を新しいブランドの意匠とするのは、なかなか難しい作業となった。目新しさを求めて大きく変えるのは容易いが、これだけ使われてきたものであるから変容させるのではなく、どこかにこっそりと新しさを忍ばせたい。ロゴだけではなく、松葉結びにみられる包装まで全体を通して意匠を少しずつ感じ取ってもらえるように設計をした。

型や式の中にひそむ「しっぽ」

kasegigashira_naname.jpg

日本あるいは和というと、とても抽象的なイメージですが、日本に住んでいるとどこかにその核となる「しっぽ」のような存在を感じる瞬間があります。

それは色や形であったり、空気や薫りであったり、あるいは型や形式の中にあったりするのかもしれません。

このご依頼を頂いたとき、日常で感じるそんな「しっぽ」を捉えて表現出来れば、と考えました。そしてそこに商品のもつ気品や、味に宿る格や勢いを忍ばせたい。このデザインはそのようにして生まれました。

稼ぎ頭

SQUEEZE ポートフォリオ

sqbook1.jpg sqbook2.jpg


スクイーズの10年の仕事を集めたポートフォリオが出来上がりました。

掲載させて頂いているお仕事はほんの一部ですが、スクイーズの仕事への取り組み方や考え方を垣間見て頂けるのではと思っています。ご高覧頂ければ幸いです。

ポートフォリオ作成にあたり、撮影にご尽力頂いたカメラマンの河合智子さん、少ない予算の中、貴重なお時間を割いてご協力頂いた印刷会社の阿部さん、また、掲載を快く許諾して頂きましたクライアント企業様に深く御礼申し上げます。

*ご希望の方に送付させて頂きますので、送付先をinfo@squeeze-jp.comまでご連絡下さい。
数に限りがございます。ご了承の上ご連絡下さい。

"一期一会"をデザインする。

sayura110804.jpg sayura110803.jpg

いま目の前でそそがれる一杯のワインは、今日のその瞬間にしか味わうことが出来ません。人との会話も、ワインとの出会いも、まさに一期一会。そのひとときの上質な時間をとても大切にされているオーナー様の想いをそのまま形に出来たら。

バーという一種の固定的なイメージは打ち消しながらも、一定のムードは残さなければなりません。オーナー様が感じられている、たおやかな揺らぎを表現することは困難な作業でもありました。

しかし、常にオーナー様が感じられていることに立ち戻り、意識をした結果、その揺らぎを捉え、表現することが出来ました。

http://www.sayura-vinfin.com/

ページトップ